方南町ライフ 〜杉並区のハシでの暮らし方〜

杉並区の方南町ライフに役立つ記事を更新します。方南町に住んで感じた実体験から住みやすさやリアルな情報をお届けします。杉並区の情報もお届けします。

方南町の問題点(方南町交差点、駅のバリアフリー、宗教、環七通りの騒音)

方南町で住むうえでのデメリットや問題で言われことについて住んで見ての感想です。

  • 方南交差点→歩くのが遅いと、一回の信号で、2回横断歩道を渡るのは無理(斜め方向)
  • 駅のバリアフリー→エスカレータとエレベータは西口改札(出口3)のみ
  • 宗教→施設の空気感が特殊だけど実害なし。病院は大きく地域の医療拠点になっている。
  • 環七通りの騒音→近いと音と振動はすごいです。内見等では注意。

私自身の現状のライフスタイルだと、方南交差点の青の時間が短いこと以外は不自由していないです。

変更

2021/07/12 誤り(環八→環七)の修正。

 

方南町交差点

環七通りと方南通りが交差さる駅前の交差点です。歩車分離信号になっています。そのため、待ち時間が長いですが、青の信号の時間は短く、一回の青信号で、方南通りと環七通りを渡るあためには、速歩きか走るしかありません。足が不自由な方は、環七通りを渡るためには、一回で渡り切れません。交差点の途中で待つことになります。

 

f:id:onthe6ks:20210711172641j:plain

方南町交差点


 

駅のバリアフリー

方南町駅は西改札の出口3にしか、エレベータ、エスカレータがありません。足が不自由なかたや小さい子の子育て中の方で、車椅子やベビーカーの方は西改札の出口3の利用がメインになります。出口2にはベビーカーおろすんジャーが登場して、乗り降りを手伝っているようですが、狙っていくのは無理でしょう。私は過去1年くらいで出口2を使っていましたがみたことないです。

f:id:onthe6ks:20210602145029j:plain

方南町駅

honancholife.com

宗教(立正佼成会

立正佼成会の本部拠点が方南町にあります。3年くらい方南町に住んでいますが、勧誘とか問題が起きたことはありません。初めて施設の周りに行ったときは、大型施設が並んでいて圧倒され、空気感が違う気がします。しかし、施設にすごい近いとかではなければ気にならないと思います。

立正佼成会附属佼成病院(杏林学園教育関連施設)は総合病院として地域の医療拠点になっていると思います。また取り壊れてしまっていますが、普門館 というホールは、吹奏楽の甲子園(全日本吹奏楽コンクール)の会場として使用されたり、法輪閣は

コロナワクチンの集団接種会場としてされなど、社会活動に貢献していたのではないでしょうか。私も引っ越しをする前に少し調べまたしが、特段危ない宗教の情報は出てこなかった記憶があります。(気になるようであればネットで検索してみるとよいと思います。)

 

環七通りの騒音

環七通り通り(東京都道318号環状七号線 )は交通量が多いです。住んでいるのは環七通り沿いではないので、普段の騒音と排気ガスが程度は断言できません。しかし、方南町に住むときに内見で環七通り沿いから少し離れた物件を内見したときに、この音と騒音は耐えられないと短時間で感じるくらいのインパクトがありました。住むときに環七から近い場合は騒音と振動の確認は必須です。